アレルギーと食生活

アトピー性皮膚炎などアレルギーが疑われる症状がみられると、とにかく皮膚を清潔に保ち、なるべく食事のバランスに気を配るような食生活の見直しなどを、強調されつつアドバイスが行われるようなお話を耳にする事が多いのですが、皆さんは、アトピー性皮膚炎が、本来、人間を守るべき免疫システムの過剰反応である事をご存知ですか?

皆さんの体内の免疫機能は、人間にとって害となるようなものから、皆さんを守ろうと働きかけるシステムであるのですが、その組織が、人体にとっては、さほど有害ではないものに反応してしまい、その反応が過剰となってしまう事に問題があります。

アトピー性皮膚炎の主な原因は、ダニ、ほこり、洗剤など、皆さんの日常生活の中でありふれているようなものが多い為、炎症を予防するには、大変気を配る必要性があります。

湿疹やかゆみが、症状として皮膚に現れたりしますが、乾燥している湿疹もあれば、水分を含む湿疹もみられる為、かゆみに耐えられずに、皮膚を掻いてしまうと、さらに、その刺激に免疫システムが反応してしまうような症状をくり返すこととなってしまいます。

幼少期から成人期に向けて、成長とともに改善してしまう人もいれば、成人後も症状は変わらず反応するような人々もいます。

また、職場の環境や住居環境の変化において、大人になってから、突然発症するような人もいるようですので、精神的な部分にも影響が及んでいるのかもしれないと考える研究者もいるようです。

アレルギー改善などに関連性のあるサプリや健康食品などで、体質改善を試みる人が多いようですが、まずは、専門医の診断を仰ぎ、そこから治療をスタートする事が第一であると考えられます。

       

Trebas!美味しい野菜で日々笑顔 | 無農薬野菜で美味しく元気な日々