みかん

みかんはビタミンCが豊富で、風邪対策や、肌荒れの改善に有効な果物です。みかんはドレッシングとしても人気で、野菜サラダや温野菜のサラダにかけると、野菜を美味しく食べることができます。みかんは一日に2個食べると、一日の所要量を摂取できます。手指に、ひびやしもやけができたら、みかんの果汁をつけてマッサージつけるといいと聞きます。外皮で顔や手足の皮膚をマッサージすると、肌がなめらかになるそうです。ビタミンPとビタミンCが豊富に含まれているみかんですが、血管を強化してくれるので、血管の老化予防や出血の予防にも役立ちます。みかんには、胃液の分泌を促進してくれます。食欲を増進する作用があります。みかんのオレンジ色との色素は、βクリプトキサンチンという成分です。強力な発がん抑制作用があります。がん予防にも有効です。果汁が多く、身体を冷やす作用があります。熱が出た時に水分補給として最適です。ただ、冷え性の人は食べ過ぎを注意する必要があります。冷え性がひどくなる可能性もあります。みかんの皮にはさまざあな効果があります。乾燥させた外皮は陳皮といいます。生薬としても使われています。みかんは風邪や肌荒れ対策にはピッタリです。袋ごと食べましょう。みかんの皮を5個分をいれて入浴すると、冷え性の改善、神経痛改善、リウマチの改善につながります。みかんを袋ごと食べることで、コレステロールを下げたり、便秘を改善します。みかんは焼いてから食べると美味しくなります。とても甘くなるのでおすすめです。のどや胃の不調を改善するのに、ショウガと天日干ししたみかんの皮を水で煮詰めてはちみつを入れて飲むという民間療法があり、おすすめです。