健康管理の「鍵」食習慣の見直しから

最近、年齢を重ねるうちに、なんだか食べた物がエネルギーに変わっていく感覚が失われ始めたという方は、お体の基礎代謝などが落ち始めることで、体のたるみやむくみ、肥満などの原因になっているかもしれません。そういった方には体内でのタンパク質や炭水化物脂質などの代謝を助けてくれるビタミン B 群などを摂取することが良いなどとも考えられているようです。ビタミン B 群を多く含むなどとも言われている食材としては、豚肉・そば・玄米ご飯・カツオ・マグロ・鶏肉・バナナ・うなぎ・モロヘイヤ・ほうれん草・アーモンド・貝類・焼き海苔などが数多くの品目が挙げられますが、このようなビタミン B 群を含む食材とともに豊富なビタミンや食物繊維を含む穀物や野菜の摂取もバランスよくお食事のメニューとして加えていただくことが大切な食事バランスとなるようです。ついついダイエットと称して、炭水化物を抜きがちでもありますが、炭水化物には糖質以外にも食物繊維が豊富に含まれ、脳や脳神経に必要不可欠な栄養素も含まれております。また、外食がつづくことなどで野菜の摂取が不足してしまいますと、基礎代謝のビタミンB群の摂取に必要なビタミン類などの欠乏にもなりかねません。年齢とともに、衰え始めた基礎代謝は、食事バランスなどを見直すことで、その働きをサポートすることなども必要となるはずです。毎日の食習慣の見直しが皆さんの健康管理の鍵を握っているかもしれません。